スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ブラウスなど

10月に入り、やっと涼しくなり

やる気が出てきたかも。

 

 

 

 

 

iPhoneImage.png

センタータックブラウスのキット

 

手首のゆるっとした感じやタックが品良く見えて

選んだのですが、BBSで作られた方の感想を見ると

少しぴったりめ?とか。すてきな生地だし、余裕が

欲しくすこーし幅を出し、切り込みも2cm程上に

あげました。

お陰様で良い感じです。

できあがってすぐに着たので、襟元にホックは付け

ませんでしたが、ぺろーんと折れてしまうので

やはり付けた方が良さそうです。

 



こちらもキーネックブラウスのキット。

 

BBSですてきな方々が作られていて

すぐにポチりました!

生地は扱いやすいし、作るのもブラウスは芯貼りさえ

終えればどんどん進めらるのでテンションが上がります。

黒いパンツが多いので、白っぽいトップスが増えて

嬉しいです。

 

 

 

 

iPhoneImage.png

 

こちら、一つ前の記事で作ったものを少し

変化させました。

どうしても腕が上がるときに裾が上がるのが

気になるのと、袖があった方がこの生地の場合は

着られそうだったので無理矢理ラフカバーTに改造。

なんとか形になってよかったです。

HANDMADE(2018) - -
カットソー


格的な暑さの前に縫おうと思ったのに、今年は早かった!
クルールさんのコクーンTシャツのキットです。

体のラインを上手に隠してくれます。

生地もサラッとしていて良い生地でした。

この着丈は安心してパンツに合わせられます。

 

 

 

ずーっと気になっていた2wayギャザースリーブブラウス。

生地はライトサマーコットンポンチです。

少し前に発売されたようですが、時々BBSでみかけて

その度に心が揺れていたので作ってみました。

とても可愛いです。真夏にはこの生地は辛かったので、

薄手の方が良いのかも。

 

HANDMADE(2018) - -
シャツとワイドパンツ

梅雨寒はもう終わりでしょうか。

今週の天気予報は30度越えばかり・・・

夏物を急がないと!

まずは、最近縫ったものの記録です。

 

クルールさんのBBSですてきな作品を

お見かけしたので、同じような生地で縫いました


パターン:クルール

生地:c&s

 

全体的にゆったりしていて、後ろ身頃も安心の長さです。

かといって、後ろに引っ張られ事もないです。

袖は自分の好みでボリューム袖になります。

作られた方々のコメント通り、たくし上げた方が

かっこいいです。

それを前提にカフスではなくゴムに変更しました。

 

シャツをもう1枚。


これは2枚目。

パターン、生地:クルール

GIZA超長綿ネイビーロンスト

 

今の時期、週1で着ています。

後ろのコクーンが少し気になったので

今回はダーツなしで作りました。

襟の開きが気になり、スナップを少し上にあげましたが、

その後、パターン通りの位置に下げました。

やっぱりその方がすっきりして見えます。

 

次は真夏用にワイドパンツです。

 

パターン:パターンレーベル

生地:クルール コーマバーバリーストレッチ

 

これも2本目。

前回作ったものは、はくときにぴったりだったので

今回は余裕があるようにストレッチ生地で作りました。

良い生地でした。毎回、ラクにはけて快適です。

 

 

HANDMADE(2018) - -
ブラウスとカットソー

去年、作ったものです。

 

パタレさんのドロップショルダーのブラウスです。

生地はc&sさんの薄手の生地

 

色が微妙で、だんだんこういう色は似合わないな

と感じています。でも、寝かせてももったいないので

形にしてみました。

この形、袖がすっきりしているので、羽織り物には

よく合います。

この春用に違う色で作る予定。

 

 

パターン&生地:クルール

パフリボンスリーブトップス

ウォームクロスウィンターポンチ(ネイビー)

 

形も色も好みなのに、なぜか冬用の生地で

作ってしまって、初夏には暑くて着れませんでした。

これも、別の生地で作る予定。

 

HANDMADE(2017) - -
比翼風

 

パターン&生地:クルール

比翼風ドロップショルダーシャツ

ライトタイプライターカーキ

 

ずっと気になっていたシャツを作って

みました。カーキはあまり着ないのですが、

シャキッとして、いい感じです。

冬に出来たので、これから着ます!

違う生地でも作る予定。

 

HANDMADE(2018) - -
| 1/162 | >>